サルビアねっととは?

「サルビアねっと」は、鶴見区を中心とした
医療機関・介護施設等で、情報共有をするネットワークです。病院・クリニック・薬局・介護施設をつなげていきます。

事例から知るサルビアネットつながる利点を事例から解説

サルビアねっとの仕組み

鶴見区に医療・介護の安心がひろがります。

住民の皆様が病院や介護施設、調剤薬局などを利用した際の
医療・介護情報が連携する施設間で相互に共有されます。

サルビアねっとの概要

共有される情報は?

  • 電子カルテ情報
  • 医療機関の受診履歴
  • 過去の薬の処方歴
  • 検査結果
  • アレルギー
  • など

医療・介護施設がつながると
何がいいの?

複数の病院を受診している際に、持病や処方されている薬の情報を各病院の医師がすぐに確認でき、薬や検査の重複などを防ぐことができます。また救急搬送された場合にも、同じ情報が共有されます。

※サルビアねっとに参加する施設への情報共有に関して、確認したい点やご不明点等がありましたら、各参加施設のブースまたは窓口でご相談ください。

運営母体(協議会)の役割

事務局

〒230-8765 神奈川県横浜市下末吉3丁目6-1
TEL 045-576-3000
土日祝日は不在となります。

◆運営事務局の概要

『鶴見区地域において、医療・介護機関が保有する患者情報を、ICTを活用した連携ネットワークにより共有を進めることで、地域医療・福祉の向上に貢献するとともに、住民の皆様一人一人の状態に応じた最適な医療・介護等のサービスの実現を目指します。』

◆サルビアねっとの由来

サルビアのラテン語【salvus(健康、よい状態)】を語源とし、鶴見区民の花でもあるサルビアは区民の皆様に親しみがある名前として命名しました。